法律を知らずに遺品整理をしてしまうと相続放棄ができなくなることもありますので気を付けましょう。

遺品整理で相続放棄の3つの相続方法

遺品整理に関連して知っておきたい知識が相続についてです。

これを知らないと予想もしないトラブルになってしまうことがあります。

この記事では【遺品整理で相続放棄をする場合の注意点と3つの相続方法】について解説します。

〇遺品整理で相続放棄をする場合の注意点

親族が死亡した場合でも、故人の遺産を相続したくないこともあります。

法律を知らずに遺品整理をしてしまうと相続放棄ができなくなることもあります。

それは民法の規定があります。

相続財産の全部または一部を処分したとき、相続放棄が認められないのです。

故人の見回り品を処分したり片付けたりすると、相続する意思があるとみなされるからです。

常識的は範囲の形見分けは除外されます。

資産価値がないものでも市場価値があるならば、それは相続放棄ができないことになります。

〇3つの相続方法

1番目は「相続放棄」です。

これは故人の全ての遺産を放棄します。

相続はなかったものにします。

2番目は「単純承認」です。

これは、故人のすべての遺産を故人と同じ立場で引き継ぎます。

お金・土地・有価証券だけでなく滞納金や借金も残らず引き継ぎます。

負の遺産も引き継ぎます。

遺品整理をすると単純承認と見なされるのです。

3番目は「限定承認」です。

これは負の遺産以外の財産を相続する方法ですが、あまり現実的ではないです。

相続で困るようなことが想定されるならば、遺品整理をする前に弁護士に相談したほうがいいのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加